Köpenik (Altstadt)ケーペニック旧市街

ケーペニック旧市街

画像引用元:Wikipedia

ケーぺニック地区の中で最も古い通り。12世紀末、ケーぺニック城の集落唯一の通りとして整備された。
そのため、当初はSchloßstraßeと呼ばれていた。その後何世紀にもわたってこの通りは発展し、現在では、シュロスプラッツ/グリューン通りまたはランゲブリュッケから北上し、ダムブリュッケまで続く。南側の区間は歩行者天国になっている。

その後、1300年以降に集落が東に拡張されることになり、それに伴って通りも長くなり、新しい区画はマルクト広場と名づけられた。

最も古い建築は18世紀半ばに建てられた。
ほとんどは19世紀に建てられた住宅で、多少の改造はあるものの、1980年代以降に作られた。
多くがバロック様式の2階建ての建物と、グリューナーツァイト様式の石造り4階建ての建物である。

また、ケーペニック市庁舎、聖ラウレンティウス町教会もあり。
トラムの線路の左右には、歴史的な石畳が残されている。
通りのほぼ中央には、ケーペニック市制800周年(2009年)を記念して、市役所に建てられた歴史的な旧市街のモニュメントがある。

シュロスインゼルを含むアルト・ケーペニックからシュロスプラッツにかけては、毎年「ケーペニック・サマー」が開催され、12月には主に手工芸品や地域の特産品を扱うクリスマスマーケットが開かれる。

市庁舎の入り口には、「ケーペニックの隊長」として世界史に名を残す石畳職人フリードリヒ・ヴィルヘルム・ヴォイトの等身大のレプリカが置かれている。
これはベルリンの芸術家グループ「インゲス・イデー」により作られたもので、歴代の支配者の騎馬像に描かれている動物をモチーフにしている。また、その昔、この城に住んでいた騎馬民族のことも指している。

ケーペニック旧市街31番地の小さな入り口の奥には、シュロスプラッツ劇場があり、古いオペラの室内楽化、新しいオペラやミュージカル劇の初演が行われている。また、子どもや若者のためのミュージカルや、文化的な青少年教育プロジェクトにも力を入れている。

Intagram最新のハッシュタグフィード

Über unsOK!BERLIN(オーケーベルリン)とは

OK!BERLIN(オーケーベルリン)とは画像

OK!BERLINはベルリンの日本人在住者、日本からベルリンへの渡航を検討中の方へのお役立ち情報を掲載するサイトです。
ベルリン生活がより便利になっていけたら、あるいは、ドイツの環境の中でさまざまな活動をする日本人のことを紹介できたらと思い運用しています。皆様とベルリンのいい出会いがあったらうれしいです。


RekrutierungOK!BERLIN(オーケーベルリン)スタッフ募集

OK!BERLINは、ベルリンの街を取材してレポートするスタッフを募集しています。ライター以外にも企画やサイト開発、その他の業務を協力していただける方がいらっしゃいましたら、是非ご連絡ください。面談の機会を設定させていただけたらと思います。学歴不問/未経験者歓迎/報酬は業務内容によって応相談とさせてください。

OK!BERLIN(オーケーベルリン)とは画像