Gärten der Welt世界庭園

住所
Blumberger Damm 44, 12685 Berlin
世界庭園

画像引用元:Wikipedia

世界庭園はマルツァーン=ヘラースドルフ区にある公園。
1987年にベルリンの750周年を記念して、都市園芸ディレクター、ゴットフリート・フネックの設計によりオープンした。施設運営会社であるGrünBerlinParkund GartenGmbHによって運営されている。

1987年のベルリンガーデンショーの後、公園はベルリン市政局の一部であるシティガーデンオーソリティによって運営され続けました。
1990年代の初めに、公園はマルツァーンレクリエーションパークに改名され、大きな遊び場や芝生が作られ、新しい遊び場やその他の木が植えられた。
1990年代の終わりにプロジェクトが開始。

中国庭園、日本庭園、バリ庭園、オリエンタルガーデン、韓国庭園、迷路、多年生植物園、イタリアルネサンス庭園、クリスチャンガーデンが一般公開されている。

エントランスエリアの花壇
2008年、ベルリン上院は2017年国際園芸博覧会(IGA)に応募することを決定しました。1年後の2009年秋、ベルリンでテンペルホーファーフェルドで「IGA2017」が開催されることが決定されました。2012年9月18日、上院は、テンペルホーファーフェルドではなくマルツァーンレクリエーションパーク(「世界の庭園」)でIGAを開催することを決定しました。具体的な計画が始まり、その後、2013年から2017年の間に敷地が拡張されて43ヘクタールに再建されました 。2014年と2016年には、訪問者は営業日に建設現場を訪問することができました。ザ・ライトナーAG2016年3月から9月にゴンドラリフトを建設し、2017年4月13日にオープンしました。このケーブルカーの長さは1.5kmで、地下鉄キーンベルク駅(世界の庭園)にある「キーンベルクパーク」渓谷駅から「ウォルケンハイン」中央駅を経由して「世界の庭園」山岳駅まで車で5分です。Blumberger Damm、そこにあるものの近く入力。2017年4月13日にオープンしたとき、イングリッシュガーデンがやって来ました、パークステージ(アリーナ)、展示エリアと接続されたケータリングを備えたビジターセンター、5つの大陸からの国際的なガーデンキャビネット。2003年12月から存在していたバリガーデンは、新しいトロピカルホールを含むように拡張されました。IGAは2017年4月13日から10月15日まで開催され、この間、ガーデンズオブザワールドは2017年5月9日に30周年を迎えました。

IGAの後、6週間の変換フェーズが必要でした。その後、2017年12月1日に、ガーデンズオブザワールドとゴンドラが再び訪問者に利用可能になりました。当面の最後のプロジェクトは2019年10月に開始されます:ユダヤ人の庭。2019年6月15日、マルツァーン・ヘラースドルフ地区の40周年は、世界の庭園でのカラフルな支援プログラムで祝われました。

中国庭園
1994年にベルリンと北京の間で町の姉妹提携協定が締結された時にオープン。庭園は、北京古典庭園建築研究所の計画に従って設計されている。
サイズ:27,000m²、(5,000m²は池)
開業:2000年10月15日

日本庭園
ベルリンと東京の都市パートナーシップの一環として建設された。庭の設計者である禅僧枡野俊明は、庭園とにょうすい亭を総合複合施設として建築した。
サイズ:2700m²
開業:2003年4月30日

バリの庭
バリの庭は、3つの調和を基盤として設計された。トロピカルホールの庭園は、ベルリンとジャカルタのパートナーシップから生まれた。
インドネシアの建築家IPutu Edy Semaraによって設計され、高さ14メートルのホールの温室と、夏は展示会、冬はオランジェリーとして使われる隣の「冷たい家」から成る。
サイズ:500m²
開業:2003年12月18日

オリエンタルガーデン
オリエントのさまざまな国のガーデニングの伝統を組み合わせたもので、楽園のイメージを表している。
観賞用の珍しい植物が植えられ、色、香り、味のニーズを満たしています。
サイズ:6100m²
開業:2005年7月7日

コリアンガーデン

コリアンガーデン
ソウルガーデンは伝統に従って設計された韓国の壁、豊富な図形の装飾及び水(桂Zeong)によってパビリオンで囲まれた4つの中庭(MA-ダン)と変化させ、自然景観などの庭園培養。ソウル市長は2003年9月にベルリンを訪問し、両市長は「世界の庭園」プロジェクトの一環として韓国庭園の建設に賛成した。韓国の職人は2005年にマルツァーンヘラースドルフに庭園を建設し、主にパビリオン、壁、芸術作品に韓国のオリジナルの建築要素を使用しました。ソウル市議会は、ソウル市からベルリンへのプロジェクトとギフトを開発しました。アジア太平洋週間2005庭の要素は岩の風景、と韓国の本当の自然の景観ある松、竹、オークと日本のカエデ。中庭は設計された門に囲まれています。岩の上に建てられたパビリオンは、水上に直接立っており、韓国特有の生活空間があります。道や中庭の壁の前にある抽象的な人物(ZangSungとBukSu)は、シャーマニズムの世界観に戻ります。上部に抽象的な鳥が描かれた背の高いマストは、シャーマニズムのスピリットマスト(SotDä)を象徴しており、上層世界のスピリットに祈りを捧げます。

サイズ:4000m²
開業:2006年3月31日
ヘッジ迷路と舗装迷路

舗装迷路

迷路
この複合体は、上で設計されたモデル迷路のハンプトンコート宮殿からでイングランド17世紀と床迷路におけるゴシック シャルトルの大聖堂からフランス1230の周り。両方の部分が異なります。迷路の中心に出て戻る方法は1つしかありませんが、迷路は交差点と行き止まりのある複雑な経路のシステムです。迷路は1200本以上の背の高いイチイの木で構成されていましたそして、ヨーロッパのガーデンアートのデザイン要素を備えた床モザイクとして迷宮を手渡しました。迷路の中心への入り口は、花崗岩の2つの大きなブロックに隣接しています。真ん中のイチョウの木の隣には青い展望台があり、その上から迷路や迷路が見えます。

サイズ:1800m²の生垣と340m²の舗装
開業:2007年6月22日
カールフェルスター多年生植物

多年草の庭の一部
このエリアの基礎は、ボルニムのカール・フォルスター・ガーデンのモデルです。この施設は、20世紀初頭のドイツの園芸芸術の一例です。カール・フェルスター生誕134周年にオープンしました。

サイズ:3600m²
開業:1987年5月9日、2007/2008年に増築・改修、新規開業:2008年3月9日
イタリアルネサンス庭園

イタリアの庭
ルネサンス庭園が「ジャルディーノデッラBobolina」と呼ばれ、1.30メートルの高さの大理石の図を参照されボーボリ庭園でフィレンツェの一つのイタリアの庭園16世紀。特徴的なのは、スタイル上のデバイスの制限、その扱いやすいサイズ、そして明確な形です。石の噴水、テラコッタ、古代彫刻のあるトスカーナの別荘の庭園の印象を与えるはずです。ツゲの生け垣が花壇を形成し、花や装飾用の植栽がオレンジの木やバラの木で庭を補完します鉢植え、ツゲの木、多年生植物、芝生で作られたトピアリー。「Giardinosegreto」の砂利道は、薄い灰色の砂岩で作られたスラブ、舗装、階段で「プライベート」な雰囲気を伝えます。タフストーンと凹んだウォータージェットを備えたニッチの壁の噴水は洞窟を彷彿とさせます。

サイズ:3000m²
開業:2008年5月31日
クリスチャンガーデン

通路のあるクリスチャンガーデン
中世の 修道院庭園のレプリカです。これは、金漆塗りで作られた正方形のガーデンエリアの周りの歩道で構成アルミプロファイルから、テキストの一部そこに古いと新約聖書が組み込まれています。誤字デザインはによって行われたアレクサンダーBranczyk。[20]高さ4メートルのブナの生け垣がこの地域を囲んでいます。[21]回廊の秩序の原則に向けられたこの原型は、現代的な方法で解釈されます。この庭園は、ベルリンのオフィス「relais Landschaftsarchitekten」の設計に基づいて、2年間の建設期間で作成されました。広場の中庭の周りにある、金色の光あふれる歩道で読むことができます。[22]もともとは宗教にちなんで名付けられるべきではないので、最初は名前について論争があった。[23]

サイズ:1000m² [21]
オープニング:2011年4月29日[21]
イングリッシュガーデン
イングリッシュガーデンには、バラと多年生のベッドの典型的な英国のわらぶき屋根のコテージがあり、野菜の庭と果樹の木立が囲まれています。Blumberger Dammの正面玄関は、コテージのあるイングリッシュガーデンの景色を望むマナーハウスを示しています。壁と生垣が個々のエリアを分離しています。[24]設計は、2012年に採用されたIGAに関連していました。[25]

サイズ:6000m²
オープニング:2017年4月13日[26]

Gardens of the Worldは、ヨーロッパの庭園文化遺産のカテゴリーで、European Garden HeritageNetworkの「EuropeanGardenPrize2019 / 2020」を受賞。年間60万人を超える来場者数になり、ヨーロッパの特別公園の「トップ3」の1つとされる。

Intagram最新のハッシュタグフィード

Über unsOK!BERLIN(オーケーベルリン)とは

OK!BERLIN(オーケーベルリン)とは画像

OK!BERLINはベルリンの日本人在住者、日本からベルリンへの渡航を検討中の方へのお役立ち情報を掲載するサイトです。
ベルリン生活がより便利になっていけたら、あるいは、ドイツの環境の中でさまざまな活動をする日本人のことを紹介できたらと思い運用しています。皆様とベルリンのいい出会いがあったらうれしいです。


RekrutierungOK!BERLIN(オーケーベルリン)スタッフ募集

OK!BERLINは、ベルリンの街を取材してレポートするスタッフを募集しています。ライター以外にも企画やサイト開発、その他の業務を協力していただける方がいらっしゃいましたら、是非ご連絡ください。面談の機会を設定させていただけたらと思います。学歴不問/未経験者歓迎/報酬は業務内容によって応相談とさせてください。

OK!BERLIN(オーケーベルリン)とは画像