Holzmarktホルツマルクト

住所
Holzmarktstraße 25 10243 Berlin
ホルツマルクト

画像引用元:wikimedia commons

複合型文化施設。文化、クリエイティブ産業の小規模な企業が多く、音楽スタジオやアトリエなどがあり、多くのアーティスト、中小企業が定住している。ホルツマルクトのクリエイティブオフィスで『バビロンベルリン』シリーズが制作された。
コンサート、美術展、子供祭り、マーケット、シンポジウムなどが定期的に開催され、特に夏場は多くの人が訪れる。

歴史

ベルリンのフリードリヒスハイン地区のシュプレー川のほとりにあったテクノクラブ「Bar25」が2010年9月に閉鎖され、後継プロジェクトとして同じ敷地で協同組合による都市型地区「Holzmarkt 25」が開始した。
2012年から2017年にかけて、コンクリートと木造の新しいアンサンブルとして徐々に建築され、現在、敷地内には文化・クリエイティブ産業を中心に、数多くのアーティストや小規模なビジネスが定着している。景観の良い川沿いの広い場所は無料公開されており、24時間365日開放されている。
市民主導の持続可能な都市開発の模範となるプロジェクトとして国際的に注目されている

「Bar25」の経営者たちはその閉店後すぐにクラブ、「ケーター・ホルツィヒ」「ケーター・ブラウ」をオープンし、経営している。
この地区の管理者は、Holzmarkt25 eGとGenossenschaft für Urbane Kreativitätの協同組合です。
旧所有者である国営企業BSRが、シュプレー川沿いのブラウンフィールドを高値で売却し、Bar25の経営者を中心としたグループが協同組合を設立、12,000m²の敷地の開発について市に代替案を提案したことから開始した。
ホルツマルクトの敷地内には、文化、クリエイティブ産業の小規模な企業が多く、音楽スタジオ、アトリエなどがあり、多くのアーティスト、中小企業、地域密着型の企業が定住している。監督のトム・ティクヴァは、ホルツマルクトにあるクリエイティブオフィスで『バビロンベルリン』シリーズを開発した。コンサート、美術展、子供祭り、マーケット、会議などが定期的に開催され、特に夏場は多くの人が訪れる。

Über unsOK!BERLIN(オーケーベルリン)とは

OK!BERLIN(オーケーベルリン)とは画像

OK!BERLINはベルリンの日本人在住者、日本からベルリンへの渡航を検討中の方へのお役立ち情報を掲載するサイトです。
ベルリン生活がより便利になっていけたら、あるいは、ドイツの環境の中でさまざまな活動をする日本人のことを紹介できたらと思い運用しています。皆様とベルリンのいい出会いがあったらうれしいです。


RekrutierungOK!BERLIN(オーケーベルリン)スタッフ募集

OK!BERLINは、ベルリンの街を取材してレポートするスタッフを募集しています。ライター以外にも企画やサイト開発、その他の業務を協力していただける方がいらっしゃいましたら、是非ご連絡ください。面談の機会を設定させていただけたらと思います。学歴不問/未経験者歓迎/報酬は業務内容によって応相談とさせてください。

OK!BERLIN(オーケーベルリン)とは画像