East Side Galleryイーストサイドギャラリー

住所
Mühlenstraße 3-100, 10243 Berlin
イーストサイドギャラリー

画像引用元:Wikipedia

ベルリンの中心部近く、フリードリヒスハイン・クロイツベルクのミュールレン通りにある長さ1,316mのベルリンの壁の残骸に直接描かれた一連の壁画。

ベルリンの壁が開放された1990年春、21カ国118人のアーティストによってこの部分が描かれた。
芸術家たちは、1989/90年の政治的変化を、かつて東ベルリンに面していた壁側に描かれた100枚もの絵の中でコメントした。
都市開発施策により、完全に保存されることはなくなり、当時のオリジナルに代わり、現在は2009年のレプリカのみが存在する。

このギャラリーは、遺産保護建造物としての公式な地位がある。
プロジェクトに参加したアーティストの団体「Künstlerinitiative East Side Gallery e.V.」によると、「イーストサイドギャラリーは、ベルリンの壁の崩壊と社会と人々の間の国境と慣習の平和的交渉の記念碑として理解されており」、年間300万人以上の訪問者があるという。

イーストサイドギャラリーの絵画は、変化の時を記録し、世界のすべての人々にとってより良い、より自由な未来への陶酔と大きな希望を表現している。

2006年、メルセデス・ベンツ・アリーナからシュプレー川へのアクセスしやすくするため、40mが西に平行移動した。
2013年には、高級マンション建設のため、23mの部分が撤去された。

絵画の3分の2は、浸食、落書き、破壊行為によってひどく損傷している。
3分の1は、2000年に活動を開始したNPOによって修復されている。この団体は、最終的にすべての絵画の修復と保存を目的としている。

2018年11月1日より、ベルリン壁財団への所有権移転において、「イーストサイドギャラリー」として知られる旧ベルリンの壁の要素を持つ「パーク・アン・デア・シュプレー」「イーストサイドパーク」区画がベルリン州の所有物となった。国会は、主委員会を通過した文化・欧州担当上院議員の提案を承認。ベルリンの壁財団は、イーストサイドギャラリーのモニュメントの構造的な維持管理、関連する公共緑地の維持管理、歴史的な想起の場の調停を委任された。
観光客に、より多くの情報と歴史的な分類を提供する目的のために、財団は大規模な管理プログラムを開始した。
一方では、ドイツ分裂の平和的克服に対する喜びの芸術的証言とシンボルとして、他方では、ドイツ民主共和国の国境体制の証言として。この二つのストーリーを語り継ぐ役割を担った。

Intagram最新のハッシュタグフィード

Über unsOK!BERLIN(オーケーベルリン)とは

OK!BERLIN(オーケーベルリン)とは画像

OK!BERLINはベルリンの日本人在住者、日本からベルリンへの渡航を検討中の方へのお役立ち情報を掲載するサイトです。
ベルリン生活がより便利になっていけたら、あるいは、ドイツの環境の中でさまざまな活動をする日本人のことを紹介できたらと思い運用しています。皆様とベルリンのいい出会いがあったらうれしいです。


RekrutierungOK!BERLIN(オーケーベルリン)スタッフ募集

OK!BERLINは、ベルリンの街を取材してレポートするスタッフを募集しています。ライター以外にも企画やサイト開発、その他の業務を協力していただける方がいらっしゃいましたら、是非ご連絡ください。面談の機会を設定させていただけたらと思います。学歴不問/未経験者歓迎/報酬は業務内容によって応相談とさせてください。

OK!BERLIN(オーケーベルリン)とは画像